編み物

非常に単純な手動の技術で居心地の良い敷物

敷物は生活空間を完全に補完します。同時にそれらを購入する必要はありません。あなたは自分自身をリンクすることができます。フックや編み針は必要ありません。

ウール、竹、または綿を手織りするのに最適です。あなたが一番好きなオプションを選択してください。マットのサイズによっては、素材の量が変わります。

作成はスライディングボウラインと呼ばれるノードから始まります。これを行うには、糸を撚り、その結果生じるループに糸を通します。結び目を締めすぎないでください。

敷物を織るための最も簡単な方法は、親指と人差し指でしょう。それらをループに挿入して糸を引っ張ります。別のループを作ります。

3本目のループと最初の結び目に指を入れます。最初の結び目だけに通します。指には2つの輪があります。両方のループに通します。この手順を6回繰り返します。

最初の結び目を作成するときに形成された自由端をつかみ、締めて、中央のスペースを取り除きます。最後のループに大きなピンまたはマーカーを置いて、どこで織り方を終了するかを確認します。

それは遠いループを通してだけ続けられるでしょう。糸を通し、次に指に形成された2つの輪に通します。そのような証明を2回行いなさい。それぞれの遠いループでこの手順を繰り返します。合計12ループ終了したら、マーカーをこの行の最後のループに移動します。

次の行は、交互に2つと1つのループを使用して同じ方法でインターレースされます。結果は18の新しい証明になります。続く各行は6つの新しいものを追加します。

4列レイアウト:2−1−1−2。全部で24ループ。

5列レイアウト2−1−1−1−2。合計30ループ

6列レイアウト:2-1-1-1-1-2。全部で36ループ。

マットを仕上げます。 2つのループの間に糸を通します。ルーズエンドを締めます。

次のループの側面を通って引っ張って前のループに戻ると、誤った編組ができます。間違った側のループの間の残りをスキップします。

以下のビデオの詳細な説明。