マスター

古いセーター+ 10分=靴下

あなたはよく冷たい足を感じますかそれともあなた自身でファッション小物を作りたいですか?セーターの靴下はどうですか?はい、あなたはそれを正しく読みました。

あなたが好きなセーターを持っているなら、それは長い間投げていた時間でした、それをそれを靴下にして、もう一度使います。ウールと混紡の両方ができます。あなたがウールの「悩み」に敏感であるならば、それは2番目のオプションを選ぶのが良いです。

必要なもの

  • セーター
  • はさみ。
  • ミシン;
  • スレッド
  • ピン。

命令

古いセーターを履いて、靴下のように袖を足にかぶせます。これはあなたが必要な長さを決定するのに役立ちます。袖を希望の長さにカットします。

セーターの底から、足のサイズに合うように幅を広げて切ります。結果のピースは靴下の下部になります。それらを表向きにします。

靴下(袖)の上部を裏返して、「トラック」で固定します。最後に、ピンで接続された2つの靴下が裏返しになっているはずです。

靴下を裏側からタイプライターで慎重に縫います。ジグザグの線を使うのが良いです。それは糸が伸びることを可能にしないでしょう、それはあなたが製品の寿命を延ばすことを意味します。靴下を縫った後、ピンと余分な布を取り除きます。すべて準備ができています。